プロフィール

参加してみました

コラム書いてます

賛成します

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

空&晴の御用達

最近のトラックバック

RSSリンク

月別アーカイブ

RSSフィード

FC2カウンター

小型犬の骨折について 

036_36.jpg 

ワケあって、今日は小型犬の骨折のお話をします。。。
小型犬の骨折、本当に多いんです。

私の生徒さんの中でも、過去から今までトイプー3匹、パピヨン1匹、イタグレ2匹、ヨーキー1匹、ダックス1匹、ケアンテリア1匹の骨折を知っています。

038_38.jpg 
小型犬は、本当に骨が細い。
先日獣医さんに聞いたところによると、軽く転んだり、たかが数㎝の段差から飛び降りただけで骨折したり、興奮して走り回っている最中に何かに軽くぶつかっただけで折れたり・・・なくらい脆いそうです。
CIMG0583s[1] 

これから年末年始で、普段自分の家の犬に会わない親戚などに会う機会も多いと思います。そんな時、慣れていない人に抱かれて、犬が急に飛び降りたりした時の骨折にも十分気を付けなければなりません。

犬の抱き方ですが、「赤ちゃん抱っこ」だと子犬が四肢に力を入れて踏ん張ることができ、後ろ足で蹴って飛び出すことができるので実は危ないんです。

犬の抱き方についてはココを見てね

008_08.jpg 

私が今まで知っている骨折した生徒ワンコの原因は様々

①抱っこからの飛び降り
②転倒
③足を人に踏まれた
④ケージで飛び付いていて、ケージに足が挟まり暴れた

中では、やはり①がダントツに多いのです。だから犬を抱いてもらうときは、十分抱き方や高さに注意してもらうようにお願いしてくださいね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ 人気ブログランキング 犬 へ ←ランキング参加中。よければポチを

ご注意:先日獣医さんに聞いたところ、犬の怪我で多いのは1歳までに起こる頻度が高いそうです。「1歳になったら保険に入ろうかな」と考えている方も多いようですが、犬を飼ったら保険の加入はお早めに。私が知っている小型犬の骨折も、すべて1歳前に起こっていますので・・・・。

どうか、今怪我しているワンコが無事に回復してくれますように・・・。

また骨折の手術後、痛みが減ると犬はすぐに激しく動き回りたがりますが、それを防止するためにもケージレストは必要。ハウスが出来ると安心です。

飼い主さんの経験談はコチラ

今日のひとこと 何だか世の中はすっかり年末年始ムードですなぁ~。この寒い時期になるとニノの昔のドラマ「優しい時間」が見たくなります。
スポンサーサイト

テーマ: わんことの生活 - ジャンル: ペット

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://deartails.blog50.fc2.com/tb.php/1080-02db25c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP