FC2ブログ

プロフィール

国際資格CPDT-KA

参加してみました

賛成します

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

空&晴の御用達

最近のトラックバック

RSSリンク

月別アーカイブ

RSSフィード

FC2カウンター

パブロフの犬 

皆さんもよく知っているであろう、この言葉。専門用語では「古典的条件付け」ともいいます。実は科学的にも色々研究されつくされていて、とぉ~っても奥が深いんです。しつけの基礎の基礎といってもいいかもしれません。

クリッカーもそうだし、犬がご飯の食器の音でウキウキしちゃうのもコレです。

CIMG8229.jpg 

通常よくしつけで使われるオペラント条件付け(ex.吠えなかったらご褒美、オスワリしたらご褒美など)とはまた別の手段です。何よりも大切なのは!この上の図にあるような「ベルの音」と「お肉が出てくる」順番。

図、下の段の2方法では、犬にとって全くベルの音が意味をなしません。

つまり・・・
「ベルの音」→その後に「お肉が出てくる」という順番があるからこそ、ベルの音で犬がヨダレを垂らすように条件づけされた訳です。

090914_111152.jpg これは、日常のしつけでも同じこと。

「いいこだね~」「偉いね~」「上手だね~」などの言葉は、ご褒美よりも先でなくてはなりません。何故ならご褒美の後に誉め言葉をもらっても、その言葉は犬にとって意味をなさなくなるからです。

「褒め言葉」→その後に「ご褒美が出てくる」という順番があるからこそ、ワンコは誉め言葉でテンションが上がるようになるわけです。

CIMG8800.jpg 

もちろん、天罰などの罰を使う際も同じこと。

天罰よりも先に「ダメ!」とか「イケナイ!」という言葉が出ることが繰り返されて初めて、その次の天罰と「ダメ」や「イケナイ」の言葉が結びついて、「ダメ!」や「イケナイ!」という言葉が犬に通じるようになるんです。

090627_174611.jpg 
だからご褒美をあげた後に、いつまでも「偉かったね~、上手だったね~」と過去形で誉めていても、実はあまり意味がありません。まぁ、この「誉め言葉とご褒美の条件付け」されていることが大前提での話なら、あり得ますがね。

犬は決して言葉そのものを理解している訳ではないですからね。
(犬の脳科学により証明済)

以前生徒のうーちゃんのブログでコメントを書かせていただいた通り、犬は何かと何かを結びつける天才なんですよ、本当に。私も自分の犬と暮らしてて、お前たちどんだけしっかり見てるんだ!?って怖くなる時があるくらいよ(笑)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ 人気ブログランキング 犬 へ ←もしよかったらポチッとしてくださいね421

空ドッグスクールオフ会参加申し込みはコチラから。締切は10月5日(月)正午まで!

343今日のひとこと 今日は顔がニヤけて仕方ありません。名古屋ドーム、当たった352

スポンサーサイト



テーマ: ***行動学による犬のしつけ・トレーニング・訓練*** - ジャンル: ペット

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://deartails.blog50.fc2.com/tb.php/645-54cdb3ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP